MENU

薬剤師の転職で一番多い薬局薬剤師とは

現在、日本には28万人以上の薬剤師がおり、そのうち半数以上が薬局に勤めています。薬局はコンビニの数より多く、全国で約5万5,000以上あります。処方箋の数も年間約7億6000万枚以上で、今後高齢社会とともに地域のかかりつけ薬局の役割が増えていくものと予想されています。今後地域医療、在宅医療の推進とともにますます重要な仕事を任されることでしょう。

薬剤師の転職で一番多い薬局薬剤師とは

薬剤師の仕事は、大きく分けると、3種類あり、病院薬剤師・薬局薬剤師・管理薬剤師です。病院薬剤師を辞めた場合の転職先は、調剤薬局のような、薬局が多くなり、求人も多いです。病院への転職は、採用試験の時期や、紹介状があるかなど、様々な制限があり、とても大変です。その点、調剤薬局は民間がほとんどなので、人材の確保は、常にできます。在宅介護が多くなる中、かかりつけの医院での診察も多くなり、調剤薬局も需要が多くなりました。

 

薬局薬剤師の転職は、その経験を活かし、ドラッグストアや調剤薬局が多いです。患者さんの一番近い存在として、薬の相談や、飲み方の指導、効能の説明もします。薬局では、患者さんとの接客の他に、処方箋の内容が間違っていないか、判断することもでき、第三者の確認として、大きな役割もあります。

 

管理薬剤師の転職は、薬局薬剤師と同じように、ドラッグストアや調剤薬局が多いのですが、経験を活かし、責任のある仕事に優遇採用される場合もあります。薬局によっては、薬が大量に自宅にある場合の、鑑定をする仕事もあり、これから、需要が増えていく傾向にあり、信頼できる薬剤師が求められています。

 

薬剤師は、資格を取るのも大変で、一般人にはできない職業です。転職の際は、資格を生かせるところを探し、やりがいを感じながら、働ける職場を見つけるのは、時間がかかりますが、薬剤師は必要とされている職業なので、希望する職場はきっとあります。根気よく、再就職に向けて取り組んでいくことが大事になります。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング