MENU

薬剤師の転職で一番多い薬局薬剤師とは

現在、日本には28万人以上の薬剤師がおり、そのうち半数以上が薬局に勤めています。薬局はコンビニの数より多く、全国で約5万5,000以上あります。処方箋の数も年間約7億6000万枚以上で、今後高齢社会とともに地域のかかりつけ薬局の役割が増えていくものと予想されています。今後地域医療、在宅医療の推進とともにますます重要な仕事を任されることでしょう。

薬剤師の転職で一番多い薬局薬剤師とは

薬剤師の仕事は、大きく分けると、3種類あり、病院薬剤師・薬局薬剤師・管理薬剤師です。病院薬剤師を辞めた場合の転職先は、調剤薬局のような、薬局が多くなり、求人も多いです。病院への転職は、採用試験の時期や、紹介状があるかなど、様々な制限があり、とても大変です。その点、調剤薬局は民間がほとんどなので、人材の確保は、常にできます。在宅介護が多くなる中、かかりつけの医院での診察も多くなり、調剤薬局も需要が多くなりました。

 

薬局薬剤師の転職は、その経験を活かし、ドラッグストアや調剤薬局が多いです。患者さんの一番近い存在として、薬の相談や、飲み方の指導、効能の説明もします。薬局では、患者さんとの接客の他に、処方箋の内容が間違っていないか、判断することもでき、第三者の確認として、大きな役割もあります。

 

管理薬剤師の転職は、薬局薬剤師と同じように、ドラッグストアや調剤薬局が多いのですが、経験を活かし、責任のある仕事に優遇採用される場合もあります。薬局によっては、薬が大量に自宅にある場合の、鑑定をする仕事もあり、これから、需要が増えていく傾向にあり、信頼できる薬剤師が求められています。

 

薬剤師は、資格を取るのも大変で、一般人にはできない職業です。転職の際は、資格を生かせるところを探し、やりがいを感じながら、働ける職場を見つけるのは、時間がかかりますが、薬剤師は必要とされている職業なので、希望する職場はきっとあります。根気よく、再就職に向けて取り組んでいくことが大事になります。

イオンの調剤薬局で働いています(薬剤師転職体験談)

薬剤師として働いて今年で10年になります。
大学を卒業してすぐに私が就職したのは、調剤薬局でした。
その地方では店舗を5件もつ薬局でしたが、とにかくサービス残業が多く急な勤務変更は当たり前。

 

理不尽な理由で、急に残業させられることも多かったです。
しかも、勤務契約や勤務の調整は、どこか言ったもの勝ちな雰囲気すらありました。

 

6年制への移行の時期でもあり、薬剤師不足は常に深刻な状況でしたから、そこを逆手にとって上手に利用している薬剤師もいましたから。
もちろん、しわ寄せは他のスタッフ、薬剤師にくる訳です。

 

結局、その調剤薬局には丸7年勤めました。
結婚を機に退職した際には、次は絶対にきちんとした組織・企業で働きたいと決めていました。

 

で、就職したのがイオンの調剤薬局です。パートとして就職しました。

 

薬剤師とはいえ、イオンの社員。
新任研修や試験などは当たり前にあります。が、どれも苦になる程ではありません。
研修や試験の時間もきちんとお給料に含まれる訳ですから有難いくらいです。

 

仕事はかなり忙しいですし、日祝も交代で勤務。これは、一般の調剤薬局とは異なる点かもしれません。

 

でも、私はとっても満足しています。残業すればきちんとお給料に反映されますし、有給もしっかり利用できます。
イオンの社員割引もあって、やっぱり大企業は違うなぁ、とほくほく。

 

ちなみに夫も薬剤師ですが、治験を扱う会社に勤めています。
出張が多く、地方の病院まわりの毎日。本人はそんな変化にとんだ勤務が気にいっているのだそう。

 

いろんな働き方が選べるのも、薬剤師の魅力だと思います。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング