MENU

薬剤師の将来性と評価

薬剤師の女性は復帰が難しい?

私の妹が現役の薬剤師として勤務しておりますが、今の薬剤師事情も結構厳しい現実であると思えてなりません。

 

その理由としては、薬学部に6年もいき国家試験に合格した後に、薬剤師としての免許状をもって勤務している職種であるのに、扱いが見合わない様に感じます。

 

独身時代はまだ何とかいいとしても、結婚して妊娠・出産という事になるとなかなか免許職としては、扱いが良くはない妹も見ていた感じる点になります。

 

よく看護師さんなんかは手厚いイメージがありますが、薬剤師は現実として看護師程の待遇で迎えられる職種ではなくなってきている様であります。

 

また、一度現場を離れてしまうとパート等で薬剤師として勤務する事は、非常に低い可能性になります。中々、数時間だけのパートでの勤務先は薬剤師さんにはないのが実情であるのです。

 

こうした薬剤師事情の中で、薬剤師を専門に紹介する会社まで始動しているのですが、こうした専門の会社を通しても、薬剤師としての仕事を得る事は狭き門になっているのが日本の薬剤師の実情であります。

 

こういった実情から、薬剤師としての勤務について悩む薬剤師さん達が最近多くなってきており、昔の様に薬剤師=硬派な職業といったイメージすでに崩れかかっている様に感じます。

 

現実の薬剤師事情を見るものとしては、大学に6年も通い資格を取得する専門職であることを深く理解してもらいたいと思います。

 

資格職としても地位向上を検討してもれえる様になるといのですが。

薬剤師の評価と将来性について

ここの所のドラッグストアーを見ていると、「ちょっともう少しなんとかならないのか?」
と、自分が薬剤師ではないのに、物申したくなる。そんな気持ちでおります。

 

薬剤師さんになるには、大学も薬学部に6年通って国家試験の通過が条件ですよね。

 

こんなにもキャリアがないと就く事が出来ない薬剤師です。

 

ですが、現実の薬剤師の実態を素人が見ている限り・・・「ちょっと待って・・・棚卸に例示担当?」これが、ここの所目に付く事が多い薬剤師の実態といっと言っても、過言ではない現状ではないでしょうか?

 

それだけ、薬剤師も飽和状態にある職業と位置付けられている時代に入っているのです。
こうした事態も、ドラッグストアーの急速な普及が背景にあります。

 

また、病院関係等に施設においても少子高齢化の影響が、薬剤師の仕事にも大きく影響しているのが、現在日本における薬剤師事情にも影響しているのも事実でしょう。

 

今後の日本社会の医療現場においても、現状に薬剤師の雇用体系を改善していく必要性を感じます。

 

高度な医療の提供が必須となっている医療現場において、コメディカルスタッフ同様、貴重な一員となっている薬剤師さんの確保も日本の医療において必須であると思います。

 

高度な医療を提供出来る環境確保のためにも、薬剤師さんの雇用環境の改善を早期に実現していく事も、医療の質確保のために急務であると思われますので、早急な改善をお願いしたい所と庶民としては思います。