MENU

薬剤師の転職の面接で求められる一番必要な能力とは

薬剤師に求められる能力は、薬に対する専門的な知識はもちろんですが、人間力(ヒューマンスキル)も必要なことだと思います。薬剤師は、主に医療機関へ勤務することが多くて医師や看護師程ではないにしても、患者さんとは関わらなくてはなりません。ただ処方するお薬の説明をすればよいというだけでなく、人間同士のコミュニケーション能力が必要になってきます。以下、体験談です。

 

『診察が終了してから、院内で薬を出す場合であれば待合室にいます。先日の話でありますが、私は家族の付き添いで初めて病院へ行きました。その病院の流れやシステムが分からなくて、家族と右往左往しながらもやっと診察が終わりました。
診察やお会計や薬の順番が全て番号で管理されていて、最初に受付をした番号でお会計を済ませて、最後に薬が処方されるのをしばらく待っていました。順番が来るのを電光掲示板に表示される番号を見ていましたが、なかなか薬が処方されなかったので、初診だから時間がかかるのかと思っていました。
そしたら、薬剤師さんの方から声をかけて頂いて、受付の番号と薬が処方される番号は、薬が出ない患者さんもいるので同じ番号ではないと言われました。もうお昼休みに入っていたので、薬剤師さんも待合室にいる私達に気付いてくれたのだと思います。』

 

このように、薬剤師はただ機械的に薬を出したり説明をするだけではなくて、常に周りの状況を観察していることもとても大切だと感じました。その薬剤師1人の応対の仕方によって、病院全体の印象を変えてしまうこともあります。特に薬が出されるのは最後なので、終わり良ければ全て良しと言うように薬剤師の態度は決して気を抜いてはいけない、重要な役割を担っていることと思われます。

 

薬剤師の中には真面目でコツコツと仕事を進める人が多いのですが、コミュニケーションが苦手な人も多いです。しかし、今後は職場全体を見渡すことができ、さらに患者さんとスムーズなコミュニケーションをとっていける人かどうかを面接ではしっかり見られています。つまり患者さんから信頼される薬剤師かどうかが問われるのです。転職を考えているのであれば、人間力を高めるということを意識して日々を過ごすように努めるとよいでしょう。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング