MENU

子育て中やブランクのあるママ薬剤師の転職で成功するたった一つの方法

子育て中やブランクのあるママ薬剤師の転職でベストの選択をまとめました。
調剤薬局、ドラッグストア、大学病院、MRなど薬剤師として就ける職場はたくさんありますが、子育て中のママ薬剤師の悩みは共通しています。共通しているのは、勤務時間、異動のあるなし、通勤、社会保険など福利厚生についての悩みです。これらの悩みは薬剤師の信頼できる転職サイトに登録して相談すれば解決できる問題です。薬剤師不足が深刻な地方ほどママさん薬剤師であろうと、ブランクが多少あったところで転職が困難になるわけではありません。まずは薬剤師転職サイトで利用者からの評判のよい信頼できるところに登録してみるとよいでしょう。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング

子育てママ薬剤師の転職の悩み体験談

薬剤師は全国的に不足しているため、求人は非常に多いのですが、希望の時間帯、時給などを考えると難しい場合も多いです。昔いた職場ではラストまで出来る人が必要とされていたの20時までいられる人がありがたがられてましたが、まず主婦ではそんな遅い時間までは出来ません。正社員となると少なくとも病院が終わる19時プラス30分の19時半まではいるのが望ましいのでやはり正社員で働くには男性か、結婚前の女性に限られるのではないかと思います。主婦の人は正社員で働くには制限がある為やはりパートでの仕事に制限されてしまうかと思います。
自分が子育てしながら働いた際には、日曜日のみのパートにしました。意外に日曜日に開けている薬局は多く、求人も多いのです。主人には子守りをお願いするので不満があったようでしたがそれでも月々の生活費の足しにはなるので納得してもらっていました。
子育て中という事を前提で雇って頂いていたので、1回子供が突発性発心で母親がいなければどうしても愚図ってしまい仕事を休まざるをえない時がありましたが薬局側にも了解いただけました。事前に子育て中でどうしてもの場合は休みを入れる可能性がある事はきちんと伝えるべきだと思います。
働く事によって良かったことは収入面以外でもありました。社会に出る事によって大変大きな気分転換になった事です。ランチはあえて高めの所を選び、ランチが終わったらカフェでお茶を良くしていました。家にずっといるよりは気分転換が出来た事で帰宅後子供にも主人にも優しく出来る心の余裕が生まれました。せっかく資格を持っているのだから是非外に出て働いてみるのもいいのではないかなと思います。