MENU

派遣薬剤師のメリット・デメリットとは?

派遣薬剤師にはメリット、デメリットがあります。

 

派遣薬剤師のメリットは何といっても、高収入、時給が高いことがあげられます。また働き方も自由度が高いといえます。その反面、安定して長く働けないというデメリットがあります。

 

薬剤師派遣会社では、調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、調剤ありのドラッグストア、企業など時給2000円〜4000円以上の求人が探し出せます。

 

特にオススメは株式会社メディカルリソースのファルマスタッフです。ファルマスタッフは全国15拠点にあり、 正社員だけでなく、パート・アルバイト 、派遣、紹介予定派遣の求人も扱っています。

 

掲載求人数は、83,000件以上で業界トップクラス。理想の薬剤師求人が見つかるでしょう。

 

>> ファルマスタッフ公式サイトへ

 

派遣薬剤師から正社員へ

 

調剤薬局薬剤師を卒業後から続けていました。

 

新卒で就職した会社は中堅の調剤薬局チェーン。社会人3年目ぐらいから、自分の目指す薬剤師像も見え始め、会社との方針が合わないな、と悩み始めました。

 

さらに仕事以外でも自分のやりたいことが見つかり、そのための時間も欲しい。悩みながら、会人7年目で、派遣薬剤師で働いてみることにしました。

 

正社員だったころは転勤もあり、自宅から遠くなって通勤時間が長くなったりしましたが、派遣なら勤務地も選べるのでよかったです。

 

勤務時間も時間通り、残業をお願いされることも少なく、仕事の後の時間もきちんと確保できるのが魅力でした。

 

こんなに快適なら、もっと早く派遣になればよかったな、とも思いました。

 

私の場合は、派遣になる前に正社員として働いていた時期が長かったこともあり、それが派遣会社への評価にもなったようです。

 

以前、派遣された調剤薬局に同じ会社から派遣された別の薬剤師さんがいましたが、派遣の担当者さんからは、時給の話はその方としないように釘を刺されました。

 

というのも、私も別の方も同じ年齢だったにもかかわらず、私の時給が数百円高かったのです。

 

それは、やはりそれまでの職歴が買われてのことでした。

 

きちんと評価されているんだな、と分かると、こちらも仕事への取り組みも真剣になります。

 

派遣先で多くの薬剤師さんに出会いましたが、その方々から学ぶことも多く、良い経験になったな、と思ってます。

 

数件派遣で働いて、ここなら社員になってもいいかな、というところがあったので、担当者さんと相談して、相手先も快く申し出を受け入れてくれたので、正社員になりました。

 

今は、出産等もあったので退職してしまいましたが、転職先を探すのに、派遣という手段もありだな、と思います。