MENU

病院薬剤師への転職は難しい?

薬剤師の転職は、薬局が多く、大手チェーン店のドラッグストアや、調剤薬局に中途採用される方が多くなっています。行政は、介護離職ゼロを目指し、それに伴って薬局・ドラッグストアの利用者も増える傾向にあります。
薬剤師は、薬局薬剤師・病院薬剤師・管理薬剤師の3種に分かれ、病院薬剤師の場合、薬のプロとして、多くの経験を積むことができ、転職でも有利になります。しかし、病院の転職は、推薦状や、採用試験が必要になることがあり、いつも求人があるわけでもありません。また人気の病院の場合、求人が出ても応募者が殺到してしまうため、ほとんどの場合非公開求人になっています。妥協すると、薬局・ドラッグストアとなることが多くなるのです。実際に薬剤師の免許を持って就業している人の半数以上は調剤薬局やドラッグストアで勤務しています。また薬学部を卒業するときの就職先として、人気なのが大手製薬メーカーの研究職であり、その次に大病院が続くことが多いです。薬局と病院の募集人数のほかにその影響もあり、薬剤師の転職でも病院の薬剤師募集は少なく、また難しくなるなる傾向にあると考えられます。

 

薬局薬剤師は、調剤薬局で、とても必要とされています。病院から出された処方箋の通りに、薬を調合し、分量を量って、指定の回数分、患者さんに渡します。飲み方の指導や、その薬がどんな薬か、どのような効果があるかを説明します。転職については、調剤薬局の経験を生かして、また調剤薬局に採用されることも多いです。管理薬剤師は、薬の管理、経理、他の医療機関との連携を図り、情報を集めたり、と言う仕事ですが、調剤薬局の仕事にも通じるものがあります。
調剤薬局は、医療機関での薬の受け取りが出来なくなったことを受けて、とても忙しくなり、店舗もかなりのスピードで増加しています。求人も、薬剤師の免許を持った方を採用しています。

 

薬剤師は、医療機関以外の求人なら、増える傾向にあります。高齢化社会に伴い、在宅医療に携わる機会も増えていきます。薬剤師は、患者さんに一番近い薬の先生として、これからも必要とされる職業されるでしょう。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング