MENU

薬剤師の年齢と転職の関係

薬剤師の人もいろいろな理由から転職を考える事があると思います。そこで気になるのは自分の年齢です。特に世間では転職が難しいと言われる40代、50代、60代の薬剤師の方は不安に感じていると思います。ここでは調剤薬局のケースで薬剤師の転職と年齢について解説します。

調剤薬局の場合 

オーナーが1店舗のみを運営するのが単一薬局です。薬剤師のオーナーと家族それから従業員などで経営する事が多いです。ですので経営者がOKを出すかどうかです。年齢は関係なく採用される可能性は十分あります。ただ、人柄や人間性、相性などが肝心になります。つまりヒューマンスキル、コミュニケーション能力は重要なのです。
次に中規模の薬局への転職ですが、地元エリアに5店舗から20店舗くらい運営しているチェーン店です。薬剤師の年齢層は20代から40代が多いですが、経営者の方針も違いますし、人手が足りていないなら50代でも十分に転職できるチャンスはあります。
最後に大規模な薬局に転職する場合です。大手の薬局チェーンなど全国に50店舗以上の店を構える調剤薬局です。比較的若い層の20代から30代の薬剤師の転職が多くを占めて、40代になれば、これまでの経験(キャリア)とか実績が重要になります。仕事は大変で体力的な部分でもハードでもし50代で転職ができてもついていくのに苦労するかもしれません。やはり転職する時には若い人ほど有利である事はあります。30代や40代になれば選択肢は20代の人よりも狭くなります。50代や60代にもなれば薬剤師としての経験も実績もあっても、転職するのは難しくはなります。しかし、経営者の方針もまちまちですからあきらめずに幅広く情報を取り寄せて、チャンスを見つけては応募してみましょう。

 

トップページ薬剤師転職信頼ランキング