MENU

薬剤師転職信頼ランキング【究極】薬剤師の早い転職ベスト5

このエントリーをはてなブックマークに追加   

薬剤師早い転職

薬剤師の信頼できる求人とは

薬剤師として転職・復職を考えている薬剤師の皆様、どのようにして求人を探していますか。ハローワークや求人雑誌では、なかなか希望する条件の求人がない、また仕事や家事をしながら求人探しをする時間が取れないなどで、つい先延ばしになってしまってるのではないでしょうか。「薬剤師転職信頼ランキング【究極】薬剤師の早い転職ベスト5」では最近の薬剤師の転職事情を踏まえながら、信頼できる薬剤師求人の探し方についてお伝えしていきます。まず当サイトトップページ下記に掲載の記事、薬剤師転職信頼ランキング薬剤師の転職信頼ランキングベスト5まとめはぜひ参考にしてください。薬剤師転職サイトには2,3社に無料登録すれば、理想の転職を叶えられる薬剤師求人案件を見つかる可能性がグンと上がるでしょう。そのほか、最新の薬剤師転職事情、薬剤師の就職や転職におすすめの専用求人サイトのメリット、ドラッグストア勤務の薬剤師、薬剤師の仕事について、さまざまな職種の解説や体験談、薬剤師の仕事の将来性、被災地における薬剤師の活躍の記事を掲載しております。

薬剤師転職信頼ランキング・最強ベスト5

業界トップクラス、究極の薬剤師転職サイト5社を『信頼性を重視して厳選』しました。薬剤師専任の転職コンサルタントがあなたの転職活動をバックアップしてくれます。調剤未経験、CRA・CRC、病院薬剤師、ドラッグストアなど、多種多様で信頼性の高い好条件のプレミア非公開求人を多数掲載、もしくは紹介しています。薬剤師転職信頼ランキングおすすめの薬剤師求人サイトへの登録・利用は完全無料で、最短3日でのスピード転職も可能です。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の公式サイトへ

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコムの公式サイトへ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの公式サイトへ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の公式サイトへ

薬キャリ

薬キャリ

薬キャリの公式サイトへ

薬剤師の転職信頼ランキングベスト5まとめ

ポイントリクナビ薬剤師
認知度・信頼度ナンバー1のリクルートグループ(総合人材紹介会社)の運営する薬剤師転職支援サービス。製薬会社、病院はもちろん、大手薬局チェーン店から町の小さな薬局、ドラッグストアまで非公開求人の中には、リクナビ薬剤師でしか見つからない好条件、高待遇の求人も多くあります。キャリアアドバイザー、求人の質の良さは業界随一です。年収700万円以上の高給与求人、未経験OK・薬学生の新卒年収450万円以上、在宅業務など信頼できる薬剤師募集案件を数多く扱っています。

 

ポイント薬剤師転職ドットコム
調剤薬局トップの関連会社、メディウェルの運営する薬剤師専門の転職サイト。求人探し、キャリア相談、応募、面接、条件交渉・日程調整、入職の手続きまでキャリアコンサルタントが徹底サポートし、納得できる転職を実現。メディウェルの利用者満足度はなんと95.8%です。また12,000件以上のプレミア非公開求人からおすすめ求人を紹介してもらえます。そのため第一志望内定率が92.4%と非常に高く人気です。

 

ポイントファルマスタッフ
大手薬局チェーンを展開する日本調剤の運営する薬剤師の転職サイト。求人数、派遣薬剤師案件は業界最大級の6万件以上。年収700万円以上の高報酬・高給与求人が多く、業界を知り尽くした信頼できる専任のコンサルタントが適切なマッチングを行ってくれます。また全国各地で転職相談会を開催しており、派遣薬剤師の求人にも非常に強いです。

 

ポイントマイナビ薬剤師
総合人材紹介会社のマイナビが運営、3年連続で利用者満足度ナンバー1(※楽天リサーチ調べ)の薬剤師専門の転職支援サービスです。大手の人材紹介会社ならではの幅広い職種と情報収集力を誇り、サポートも万全です。信頼、安心、認知度は業界でもトップクラスでしょう。東京・北海道・仙台・埼玉・千葉・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・福岡などで個別転職相談会を開催しています。

 

ポイント薬キャリ
医療情報に特化したサービスを提供するエムスリーグループの運営する薬剤師専門の転職サイト。薬剤師の登録者数はナンバー1で、年間7,200人が利用しています。対応スピード、薬剤師の人材紹介における満足度などコンサルタントの満足度も95%と高い評価(2014年10月M3キャリア調べ)を得ています。

最新の薬剤師転職事情

最近の薬剤師の求人は、東京、大阪、横浜、名古屋、福岡などの大都市ほど求人が少なくなっている傾向にあるようです。その一方、地方では薬剤師が不足して来ているので、逆に求人が増えていると言われています。と言うことは、地方に的をしぼればスムーズに就職することが出来るので、大都市の狭き門の中で他の求職者と無用に争わなくても良いのかも知れません。
今は薬剤師の転職・求職・募集求人サイトがかなり充実していますので、自分が希望する仕事への条件を登録しておけば、それに見合った就職先を見つけてくれたりします。
もちろんハローワークでも、インターネットサービスがありますので、自宅で時間を問わずに探すことが出来ます。
信頼できる薬剤師転職サイトやハローワークでは、全国の求人を見ることが可能で、希望する勤務地であったり、給料や休日や勤務時間等細かく条件を入力出来るので、とても便利で使いやすいサービスだと思います。
それに、平日だったら毎日新しい求人が更新されるので、より良い自分に合った就職先を探して行けるのではないかなと思っています。
その就職先も多種多様で、病院や個人のクリニックや、その近くにある調剤薬局もありますし、近頃はドラッグストアでも病院やクリニックで処方される、処方せんを受け付けてくれる所が年々増加して来ています。
そして調剤薬局の方でも、高齢化に伴って在宅医療と連携をして、薬の配達をする薬局も見かけるようになりました。これは、今後益々必要とされるのではないかと考えられています
せっかく、難関な薬剤師の資格を取得したのですから、ぜひ最大限に生かしてニーズのある地方でも、活躍をして頂きたいと思っています。

薬剤師の就職や転職におすすめの専用求人サイトのメリット

薬剤師の転職では、信頼できる薬剤師専用の求人サイトがお勧めです。個人情報と、勤務地や待遇などの希望の入力だけで登録ができますし、求人はサイトのコンサルタントやスタッフが選んでくれますので、仕事をしながらの就職または転職活動ができます。しかも、面接日程の調整までしてくれますので、あなたは当日、書類を持って面接先に行くだけでいいのです。
薬剤師転職信頼ランキング掲載の求人サイトのメリットはそれだけではありません。非公開求人も多いので、様々な求人の中から自分に合ったのを探してもらえますし、病院・調剤薬局・OTC・調剤併設のドラッグストア・漢方薬局・製薬メーカーほか勤務形態ほか、常勤か非常勤かを選ぶこともできます。また、平日に休みを取りたいとか、自宅から近い勤務地がいい、転勤なし、ブランク歓迎、管理薬剤師といった希望にも応えてくれますので、その意味でも希望条件を詳しく入力しておくのがお勧めです。もちろん登録の事実、あるいは登録の内容などは外部漏れのないよう、厳重に管理されます。
求人サイトに登録することのメリットは他にもあります。それは書類の書き方の指導や模擬面接をやってもらえることです。履歴書はまだしも、職務経歴書の書き方がよくわからない、あるいは面接の時に緊張してしまうというような人は、このような機会をうまく利用することで、希望する仕事につける可能性がより一層高まることになります。薬剤師転職支援サービスの選び方などで迷ったときは、薬剤師転職サイトの信頼できるランキングを参考にするとよいでしょう。

ドラッグストア勤務の薬剤師

DS勤務の薬剤師

最近ドラッグストアが増えて来て、コンビニかスーパーに近いような店舗を見かけることがあります。基本は薬の販売をしていて、そこでも薬剤師が勤務している所が多くなっています。
だいたいの市販薬は、自己判断と選択によって買うことが出来ますが、薬の種類により薬剤師と相談をしなくてはならない物もあります。
この時は、薬剤師が何の目的でこの薬を必要としているのか、他に飲んでいる薬はあるのか等の確認作業をすると言う重要な役割があります。もちろん、自己判断で買える薬においてもお客さんに聞かれる場合があるので、適切なアドバイスをしてあげます。もし、風邪をひいている場合だったら、初期段階なのかかなり重症なのかを聞いて行き、今、1番辛い症状を緩和出来るような薬を見極める判断力も求められます。
また、ドラッグストアの店舗によって変わりますが、処方せんを受け付けている所もあります。件数的にはあまりないのかも知れませんが、買い物をするので一緒に薬ももらって行こうと言う人も来店して来ます。その時は、調剤薬局のように処方せんの記載内容を確認した上で、特に問題がないようであれば調剤をして服薬指導をして行きます。
このように見てみると、ドラッグストアに勤務する薬剤師は、医療機関や調剤薬局とはまた異なった仕事内容になりますので、通常の買い物をするお客さんへの対応もする場合があるので、その時に問われるのは柔軟性や臨機応変さが必要になると思われます。
薬剤師転職サイトでは、ドラッグストアの求人は調剤併設とOTCのみで、調剤薬局の次に多くなっています。日本チェーンドラッグストア協会によると2013年で総店舗数は1万7563店で、市場規模は6兆円を超えてます。ドラッグストア(DS)が取り扱う処方箋枚数も伸びており、薬剤師不足は続いています。今後は薬剤師の調剤薬局からドラッグストアへの転職も増えるでしょう。

 

薬剤師の資格とドラッグストア

 

薬剤師の求人は本当に多数あります。病院、ドラックストア、製薬メーカー、調剤薬局など年齢不問かつ、高額の給与や時給を補償している所も数が多いです。
そのような中で特に多い求人がドラックストア関連です。ドラックストアは一時期のような出店ラッシュはおさまったものの、出店は続いております。薬局やドラックストアを営業していくなかで、欠かせないのが薬剤師なのです。近年は、一部薬品は登録販売者という新しい資格で販売できるようになりましたが、登録販売者でも販売出来ないような、効き目の強い医薬品を販売したり、病院の処方箋を調剤するためには薬剤師が必要となります。
ドラックストアの薬剤師の仕事内容としては、お薬の接客から商品の発注、陳列、調剤施設のあるところでは調剤と多岐にわたりますが、一番の魅力は接客かと思います。お客様の身体の不調を聞き取り、数多くある商品の中から、そのお客様に合う商品を選びご提供する。病院のように敷居が高い所ではなく、普段の買い物中に雑談を交えながら気軽に相談出来る頼れる存在となれるのは、誇らしいことだと思います。また、新商品もドラックストアは、いち早く導入されるため、職場に並ぶ商品を眺めているだけでも、飽きることはないかと思います。
調剤施設が併設せれているドラックストアも最近は数が増えてきておりますので、調剤経験もそこで積み上げることが出来きます。
薬剤師の資格習得は簡単にはいきませんが、一度資格を習得すれば、転職就職と自分好きな世界で働くことが出来ます。

薬剤師の仕事について

薬剤師転職信頼

薬剤師の仕事

薬剤師の仕事と言えば、大学病院から始まり大小の病院から医師が個人で経営をしている診療所、一般の市販薬を販売する薬局や、処方せんを主に扱っている調剤薬局などと実に様々です。
今回はこの中の、一般的な病院と調剤薬局の薬剤師の仕事を掘り下げて見て行きたいと思います。まず病院での仕事内容になりますが、院内で使用される薬を管理するものと考えられます。
病院は、入院も外来もしていますので、入院している患者さんの薬を扱ったり、外来患者さんの診察や検査に使う薬や処方薬など、数え上げたらきりがありませんが、それらを総合的に責任を持って取り扱うのが薬剤師の重要な仕事の1つでもあります。
そのため、病院に限りませんが薬剤師はとにかく薬のあらゆる情報を管理していますので、外部には絶対に漏らしては行けませんし、守秘義務をしっかりと守ることが出来る人でなくてはなりません。
次に、最近よく見かけるようになって来た、調剤薬局での薬剤師の仕事について見て行きたいと思います。病院や診療所で診察を終えた患者さんは、処方せんを持って調剤薬局へ来店します。
保険証の確認をしたり、お薬手帳を提出してもらい処方せんの通りに薬を調剤します。時には、処方せんに書かれている文字が読み取れないこともあります。
その時は、絶対自己判断をしては行けません。多分この薬だろうと思って出したら、全然違う薬だったと言うことがあるので、その処方せんを出した医療機関に再確認します。
このように薬剤師は、繊細さや対応能力も瞬時に求められることと思います。

医療機関では欠かせない人材

薬剤師は、主に薬局薬剤師・病院薬剤師・管理薬剤師の3種があり、それぞれ仕事の内容が分かれています。
薬局薬剤師は、医療機関で処方された処方箋の通りに、薬を調合し、患者さんにお出しします。
その際に、お薬手帳にその情報を記入し、服用の仕方、回数、薬の効能を指導します。患者さんによっては、食間はいつ飲んだらいいのか、この薬、飲みにくい、などの相談も、受けてくれます。患者さんにとって、一番身近に感じられる薬剤師です。
病院薬剤師は、病院で治療される患者さんすべての処方箋に、目を通し、確認します。治療の内容・経過・薬の量を見ることで、患者さんに合った物なのか、患者さんに効果が出ているのかを確認します。また、注射薬の調合をする仕事もあり、責任の多い仕事ばかりです。
管理薬剤師は、薬剤の管理、帳簿の管理など、事務員のような仕事です。他の医療機関との、情報交換、情報収集も大切な仕事です。季節の流行り病は、これによって準備することができます。薬剤師の人事・経理管理も手掛け、普通の企業では他の部署にあたる仕事までこなします。
薬剤師は、医療機関のあらゆる仕事においても、大きく関わってくる仕事です。人材は、介護の仕事の拡張、調剤薬局の増加によって、不足がちになっています。ドラッグストアでは、交代制で、近くの薬局より手伝いに来てくれる薬剤師も、地方では多く見られます。医療は、どんなに科学が進んでも、なくなることがなく、薬剤師は、長く必要とされる職業です。

薬剤師の仕事は責任重大な仕事ばかり

薬剤師の仕事は、あまり詳しく知られていませんが、病院に勤務している薬剤師は、病院薬剤師と言って、病院での治療薬を準備し、患者に合った点滴を作ります。調合する薬は、重さを量り、容器に詰めます。衛生面・技術面共に、高品質が求められます。ストレスは多い反面、やりがいも多いと感じられています。
調剤薬局やドラッグストアでの薬剤師は、薬の効能を説明したり、飲み方を指導したりします。医療機関に行く時間がなかった場合の、ドラッグストアの薬剤師は、とても貴重な存在です。応急処置の仕方や、薬を教えてもらうことができるので、利用者が多く、全国の店舗が増えていく傾向にあります。薬剤師の常在が決められているので、求人もあります。
管理薬剤師は、この、調剤薬局やドラッグストアの薬の管理や、流行り病の傾向を予知する仕事もあります。チェーン店の場合は、各地の情報を公開し合うことで、情報を交換することができ、病気の傾向を察知することで、薬が不足することを回避することができます。この場合は、薬剤師の力が大きく、大きな信頼のもとで、仕事をすることになります。
薬剤師の仕事は、在宅介護の増加の影響を受け、これからもどんどん増えていきます。薬剤師でなければできない仕事は多く、看護師との連携で、介護や福祉の面でも重要になります。仕事を探しているか方は、自分の資格を生かせる仕事を探すことが大切ですが、決してあきらめず、病院や医院だけでなく、民間の求人も参考にすることをお勧めします。

薬剤師の仕事と転職活動

病院のほかに、ドラッグッストアや調剤薬局、製薬会社など、薬剤師の求人は多岐にわたります。ひとことに「薬剤師」と言っても、勤めている職場により仕事内容も変わってきます。私たちが普段目にする機会が多い薬剤師は、調剤薬局、ドラッグストア、病院で働く姿ではないでしょうか。調剤薬局での薬剤師の主な仕事は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理です。医師の処方箋をきちんと確認し、患者さんにしっかり薬の説明、飲み合わせの説明を行うコミュニケーション能力も必要になってきます。ドラッグストアでの薬剤師の仕事内容は、一般用医薬品の販売、相談業務が主です。調剤薬局とは異なり、市販の医薬品やサプリメント、健康食品なども扱うため、幅広い知識が必要になります。他にも売り場のレイアウト、売上管理などを担当する場合があります。病院ではさらに業務が多岐にわたります。注射薬調剤業務、病棟調剤業務などの難しい業務に加え、医師や看護師と連携して治療を行うチーム医療に関わることもあります。抗生物質や臓器移植の際の免疫抑制剤などの業務もあり、調剤薬局やドラッグストアでの業務とは一変します。タイトですが、命と直接向き合う機会が増え、やりがいも感じられる業務です。同じ薬剤師でも、さまざまな活躍の場があります。他にも大学や漢方薬局、食品、化粧品メーカーなども転職先に上げられます。現在では、医薬品のネットショップの管理など、薬剤師の資格を活かせる場はますます増えています。薬剤師の転職の幅も広まったので、仕事内容をしっかり確認し、薬剤師転職信頼ランキングでおすすめの転職サイトで転職活動を始めることをおすすめします。

薬剤師の仕事を辞めたいとき

薬剤師といえば、高収入で待遇もよく、転職もしやすいからと、目指している人も多いですよね。もちろん職に困ることはないし、結婚、出産後のパートの中でも高収入を得られる持っていると便利な資格です。
しかし、実際に働いてみてわかったこともあります。
まず、患者さんの中には担当医師に言えないクレームを薬剤師に言って来る方がいます。
みなさんがありがとうと薬を受け取ってくれるわけではないので、クレームにも丁寧に対応していかなければなりません。
薬を調合するだけで終わりではなく、患者さんとのコミュニケーション、クレーム処理能力も必要とされます。どの職種でもそうだと思いますが、クレームを言われると心がしゅんとしてしまって辛いです。
すぐに気持ちを切り替えられたらいいのですが、なかなか慣れることができません。
そして、予想外な悩みが、職場の人間関係です。薬剤師は女性の方が多く、その中でうまくやっていくのには向き不向きがあると思います。
もちろん人間関係の問題はどの仕事をしていてもつきまとってくる問題です。
しかし、薬剤師が働くほとんどの薬局が狭いことが問題をより大きくしてしまいます。
薬局では逃げるスペースがなく、また、外に出る機会もあまりないので一日中ほぼ全員と顔をつき合せて仕事をすることになります。
なので、職場の中に一人でも合わない人がいるとそのストレスが大きくなりやすいです。
良い面だけでなく別の側面にも目を向けてあらかじめ自分に合う気分転換の仕方を見つけるなど、仕事とプライベートをうまく割り切れる部分をつくりたいですね。

耳鼻咽喉科の薬剤師

 

以前クリニックの事務で仕事をしていたことがあって、そこには薬剤師が1人いました。どこのクリニックでも、年間を通して忙しい時期と、あまりそうでもない時があります。
耳鼻咽喉科は、冬から春位までが最盛期でした。それは風邪やインフルエンザから始まって行って、花粉症のシーズンまで毎日戦いの日々でした。
事務の方は2人で業務をしていて、それでもかなり忙しかったのですが、薬剤師は全てを1人でこなさなくてはなりません。
院内で患者さんに薬を出していたので、診察が終わると薬剤師がいる調剤コーナーへカルテが運ばれて来ます。
医師がカルテに記載した薬を処方して行くのですが、大人の場合は錠剤がほとんどなので、すぐに薬の棚から処方薬を出すことが出来ます。
そして薬袋に患者さんの名前や服用回数等を書いて、最後に受付でお会計をするため、薬剤師からカルテが届けられてスムーズな流れとなります。
でも、これが学校や幼稚園帰りの子供達で賑わって来る、午後から診察が終わる頃になると事態は一転して来ます。
子供はまだ錠剤が飲めないので、粉末剤やシロップがほとんどになってしまいます。しかも、兄弟姉妹で何人も同時に診察をするとなれば、それはもう本当に大変でした。
調剤コーナーに、カルテがどんどん溜まってしまい、お会計の方も進まないので待合室は患者さんで溢れかえっていました。
薬剤師を手伝いたくとも事務は資格がないので、ただ待って見守ることしか出来ませんでしたが、必死に頑張っていた姿は素敵で今でも忘れません。

薬剤師の友人夫婦

 

私には薬剤師のお仕事をしている友達がいます。友達の旦那様も薬剤師の資格を有しており、夫婦共に薬剤師として働いています。
数年前に旦那様の実家がある場所に引越しをすることになり、必然的に二人共また新たな場所にて求人情報を確認し、仕事を探すことになりました。
薬剤師という仕事は大変需要があるお仕事です。転職先は沢山あるようなのですが、自分たちの条件に合う職場を探すのは困難なこともあったようです。
お二人には3人のお子さんがおり、その当時はまだ下の子が幼稚園児だったため、短時間でのお仕事が出来る薬局を探していたようなのですが、そうなるとやはり働ける場所は限られており、自分が思うようにお仕事が出来るとは限らなくなってしまいます。
また、全国どこででも薬剤師の資格を持っていることで働くことが出来る薬剤師ですが、やはり地域性というものがあり、以前働いていた職場とは少し環境が異なることも転職をした際にとても気になったということでした。
しかし薬剤師というとても難しい職種の資格を取得しているということで、その他の多くの職業と比較した際でも、転職先は多い職場となるのではないかと思われます。
私自身はとくに資格も有しておらず、求人情報等を確認していると薬剤師の資格などを学生時代に頑張って取得するくらい勉強をしていたらと後悔することもしばしばあります。
勉強をしたからこそ、現在転職先にも恵まれ、充実した日々を送っている友達を羨ましく感じることがあります。

病院薬剤師から老人ホームへ

 

私は、大学卒業後、総合病院で働いていましたが、結婚・出産後、当直もあり残業もある業務はなかなか難しかったので、転職しようと思い、転職サイトに登録したり、薬剤師の友人に相談したりしました。
まず、友人たちの話ですが、やはり育児をしながら働くには、薬局やドラッグストアでのパートがよいようです。薬剤師のパート時給は2000円程するので、無理してフルタイム働かなくとも、時間の都合がつきやすいと。
私と同じように子供を持ちながら総合病院で働く友人は、病院内に託児所があるそうです。24時間預けられるということで、医師や看護師の子供たちも利用しているそうです。託児所付きの職場というのは、まったく思いつなかったので、これもアリだと思いました。
転職サイトに登録すると、すぐに連絡があり、希望を聞いていくつかのすぐに転職先をピックアップしてくれました。かなりこちらの融通を聞いてくれ、面接日時の調整などや勤務条件なども間に入ってくれおこなってくれます。
最終的には、老人ホームなどいろいろな施設の薬を調剤している薬局に決めました。理由は、ほぼ定期的に調剤業務がきまっているため、あらかじめ忙しさに予想がつくこと、残業はほとんどないこと、いざという時は子連れ出勤も認めてくれたこと、などがあげられます。
今までの大病院での最新医療に触れるようなことはできませんが、それでも薬に携わる仕事ができ育児とも両立できて、満足して仕事ができています。

ドラッグストアに勤める友人

 

薬剤師の転職では調剤薬局、ドラッグストアに勤める方が1番多いです。薬局業界は7兆円産業で、薬剤師の半数以上は薬局勤めです。最近は調剤薬局やドラックストアのチェーン店も増えてきましたので、新規出店を含めて薬剤師の募集は常に多くあります。
ドラッグストアの場合、必ず薬剤師が2人必要なのです。医療機関から処方箋から薬を処方するのはもちろん、もし薬のことで患者さんに尋ねられた時に対応できる人がいないと困るからです。そういった場合の薬剤師は薬局よりも待遇が良かったりします。どうしても必要な人材となりますので給料も結構良かったりします。年収700万円以上の薬剤師求人案件も結構見つかるものです。
しかし、実際に薬局ドラックストアに勤めている友人がいますが、話を聞いている限りでは難しいことが多いです。ドラックストアは土日休みではないのはもちろんですが残業もあります、しかし、急患が来るなどはないので患者さんの心配をすることはありません。ただ薬のことだけではなくて人が少ないときはレジなどもさせられるので薬剤師本来の仕事ができないときもあるらしいです。
しかし、そういった面を我慢すればドラックストアはとても居心地がよいそうです。特に子持ちの人などは何かあればすぐに帰れますし、子供に用事がある場合はドラックストアに来させればいい話なので、そこは薬局は違っていいのかもしれません。
そしてドラックストアだと近所の奥さん方などが来て少し気まずいかもしれませんがそこから子供同士が仲良くなる可能性などもあるのでよいと思います。実際にその人そうやって近所関係を良好にしたりなどもしています。近所に薬に強い人がいるのはやはり周りからしてもありがたく信頼できると思います。

個人経営の薬局に転職した友人

 

私の知り合いの薬剤師が転職した時のお話です。彼女は長年勤めていた病院を辞めて個人経営と連動している薬局に勤めることになりました。最初その話を聞いた時は新しい店舗ですしうまくやっていけそうな雰囲気なので一緒に喜んだのですが実際はそうではありませんでした。彼女に話を聞くとかなりストレスが溜まっていました。
なぜかというといくらオープンしたての病院と薬局連動と言っても最初から勤めている人は知り合い同士だったのです。ですので求人募集で転職した彼女は疎外感がすごかったそうです。そしてなかなかなじめずに悩んでいました。なぜかというと個人経営の病院の本当に近くに薬局があるので病院とのかかわりがすごく濃いそうです。
月1で飲み会があるそうです。しかし断ることはできずに毎回参加しなければいけないそうです。そしてそれは毎回遅くまであるそうで彼女は疲れ切ってしまうそうです。そして個人経営の病院側の看護師さんが頻繁に薬局来るらしくてすごく疲れてしまうそうです。
看護師と薬剤師。仕事上は近づきすぎてはいけません。基本的に薬剤師は薬の情報などはあまり口外してはいけないのでそれを看護師が詮索するのもいけません。しかしその人は平気でいろいろと聞いてくるそうです。そういった行為にも悩まされているそうです。そういった話を聞くと薬剤師さんも色々と苦労しているんだなと思いました。私は看護師なので薬剤師さんとかかわることは少ないですが迷惑をかけないようにしようと思いました。また薬剤師の方は転職の際にはやはり信頼できる薬剤師専門の転職エージェントランキングの上位のコンサルタントに内部事情を調べてもらうのが良いのではないかと思います。

医療センターの薬剤師

 

薬剤師の仕事はいくつかに分かれています。実際に私は医療センターで薬剤師として働いています。私の仕事は珍しく患者さんとよく話します。入院中の患者さんの病室に行って話したりなどもします。中には相談に来てくれる方もいます。ですので実際には薬剤師っぽくないかも知れません。みなさんに合う薬を提供するためにこういったコミュニケーションは必要だと思っています。しかしなかにはあまりそれをよく思わない人もいます。たまに、看護師に間違われることもあります。実際には似ていますが違います。薬剤師は患者さんとコミュニケーションを取ってどんな薬を求めているのかを探ります。なかには看護師さんには薬を要らないとはいったものの実際に必要だった、患者さんなどもみつけます。ですので、看護師さんに言えないこともたまに教えてくれますのですごい助かります。医療センターは様々な年齢層と患者さんがいますのでそれ以上にたくさんの薬があります。ですので普段の薬局では経験できないことも学べるので薬剤師としてのスキルも高まります。ですので医療センターで働かせてもらうのはすごいスキルアップになります。毎日患者さんはいますのでこれからも患者さんとコミュニケーションをとってひとりひとりに見合った薬を提供していきたいなと思っています。その為には毎日の積み重ねが大事なので初心を忘れずに働いていくのが信頼を築く上で大事なのではないかなと思っています。また頑張っていきます。

幼馴染の薬剤師の給料

 

私の幼馴染の薬剤師に聞いた話なのですが薬剤師は給料がとても安いそうです。実際に薬剤師の現状を聞くと求人などはとても多いので転職などはしやすいそうなのですが、どの会社も給料が安いそうです。
その理由を聞くと薬剤師というものは基本的にパートとして雇われるそうです。社員として雇われる人は薬局に2人ぐらいらしくてほかの人はほとんどパートだそうです。そしてもちろん看護師みたいにボーナスなどもないのでかなり厳しいそうです。時期によってはかなり激務の時もあるのですがそこでプラスでお給料がもらえるわけでもないですし、ましてやサービス残業をしてももらえることはないそうです。
看護師をやっている私からしたら驚きばかりでした。実際に看護師ですと正社員扱いですし夜勤をしたときは特別手当も出ます。そしてボーナスもあります。同じ命にかかわる仕事なのになぜこうも違うのか悩むところです。
そんな彼女は転職を望んでいるそうなのですが今の職場で薬剤師は少ないらしく辞めさせてもらえないそうです。辞めれないのであれば正社員になることを望んだそうなのですが断られたらしいです。看護師によりも薬剤師の世界はかなりシビアなんだということを知りました。
そして彼女は今もその薬局で働いてはいますが毎日転職サイトを見ています。看護師はずっとその病院いたいと思いますが、薬剤師の場合は早く転職したい気持ちが強いということを今回の件で実感しました。

薬剤師の転職理由

 

私の友人は現在薬剤師を辞めるかどうか悩んでいます。その話を聞くとやはり人間関係でした。彼女はそのまま薬剤師を辞めて医療関係の職場を去ろうとしていました。看護師と薬剤師で立場は違えどずっと専門学生時代から一緒に頑張ってきた人なので正直辞めてほしくないです。しかし彼女の言い分もわかるのです。人間関係が一度崩れてしまった職場にいるのがどれだけしんどくて苦しいのかもわかるのですが今までずっと薬科大学へ行って遊ぶ時間も惜しんで一生懸命勉強してきた彼女が辞めてしまうのがすごく惜しいのです。だからせめて転職はしても薬剤師という仕事はやめないで。と説得したのです。今は小さなドラックストアで自分のペースで働いているのです。彼女なりに薬剤師を続けて入れるならそれでもいいかなと思いました。しかし女だけの世界は本当に酷だなと思いました。お互いにそれぞれ夢を持って頑張って勉強してきたはずなのにこんな些細な人間関係で自分の今までの努力などをつぶそうとしているのですから。私も一時期看護師を辞めそうになりましたが自分の夢だけは貫き通したかったので別の場所で働くことにしましたが後悔はしておりません。ですので彼女にもこうやって別の場所での居場所を見つけてほしいと思いましたし、まだ薬剤師として頑張ってほしかったのです。余計なお世話だったかもしれませんがそのドラックストアに行くと一生懸命働いてる姿を見てやはりよかったなと思います。

薬剤師のネットワークで転職

 

私の家族は、全員が薬剤師ですが、それぞれ異なった業界で働いております。まず、病院薬剤師の正社員としてフルタイムで数年働いた後、結婚を機会にフルタイムの仕事を辞め、パートタイムで病院薬剤師もしくはドラッグストアなどで働いたりしています。やはり、フルタイムで働くのは、家族にも負担がかかるので、パートタイムでもう少しゆっくりと働きたかったからです。ただ、自身の経験から、パートタイムといって必ずしも責任が軽くなるとは限りませんし、福利厚生や給与の面でも、正社員時代と比較すると、時折不満に感じることはあるかもしれません。転職サイトなどに登録しておいて、状況を冷静に比較検討してみることも大事だと思います。また、別の家族は、MRとして、製薬会社などを中心に勤めており、本人も仕事は充実してるし、待遇面も素晴らしいと公言していますが、勤務時間も長いので、女性には大変なときもあるかもしれません。それぞれの病院や会社などで、当然だと思っていつのまにか不満を溜め込んでしまうことがあるかもしれません。しかし、他の職場では、全く異なることもあるので、薬剤師の転職フォーラム、転職サイト、そして同級生のネットワークなどで情報交換してみることは、大変有意義だと思います。薬剤師は、以前よりも色々な業界で働くようになっているので、もしかしたら新しい業種にもチャレンジしてみるのも、きっと素晴らしい経験になるのではないかと思います。

薬剤師の転職・仕事のメリット

 

薬剤師が転職する際に便利なことはどこの病院で務めていたことがないことです。看護師さんなら以前はどこの病院に勤めていたとかわかってしまうのですが、薬剤師にはそれがないのです。薬剤師は病院と連携している薬局に勤めているので直接病院と関わっているわけではないのです。ですのでそういった履歴が残らないのです。
だから便利と言えば便利なのです。なので薬剤師は看護師と違って転職がしやすいのです。採用されたときや面接時にどこの薬局いたかとか、経験は聞かれますがたいていの場合は履歴書に書かなくていいので便利なのです。たいていの場合は口頭で説明するだけなので覚えている人は少ないのです。
そしてもしまた聞かれても適当に流しておけば誰も気になりません。仕事をちゃんとこなせれば依然どこで働いていたかも気にならなくなります。しかし看護師の場合はそういったことはできずに以前の情報も付きまとうのですごく面倒なのです。
そういった面では薬剤師はとてもありがたいです。仮に旦那さんの転勤で他県に引っ越して転職となっても国家資格ですし経験があるのですぐに採用されるのです。そういった面ではすごく助かりますし、子持ちで再就職の場合でもすんなりと受け入れてもらえるケースがとても多いのです、
ですので薬剤師は子供ができてもずっと長期で働ける素敵な仕事だと思っています。給料面以外は文句は一切ないので薬剤師になりたい方や転職をしたい方には薬剤師の仕事はお勧めできます。

処方について

 

よく勘違いされますが薬剤師がすべての薬を提供しているわけではありません。よく個人病院だと患者さんにこの薬がほしい。などという意見をもらったりするのですが薬を調達しているのは基本的には病院の院長なのです。病院のほうに薬のセールスの方が来られます。
そこで薬剤師も含めて薬の勉強会が始まります。そしてそのあとに院長がその薬を受け入れるかで決まるのです。仮に薬剤師側がこの薬いいな。と思っても院長が拒絶すればその薬は病院置かれることはないのです。
また反対に薬剤師側が微妙な反応の薬でも院長が受け入れてしまうと病院に置かれてしまいます。ですので特に個人経営と連動している薬局だとそういった自由が本当にありません。薬のお金などはすべて院長や病院側が提供しているので薬局側はなにもできないのです。
ですので患者さんからのこういった要望を聞けないのはすごく残念なことなのです。なので一度だけ院長先生にアンケート箱の設置をお願いしたのですがだめでした。しかし私としてはいい考えだと思います。患者さんにアンケートを書いてもらってどういった薬を置いてほしいかを聞いて参考にすればもっとよりよい病院になると思います。これからも負けじとそういった意見は言っていこうと思いますし、病院は信頼を得るために患者さん第一でいなくてはいけないと思いますので他者からのそういった意見を院長がもっと取り込んでくれて病院の評判も上がってくれればいいなと思いました。

薬剤師の仕事のやりがい

 

薬剤師の仕事の中で、最もやりがいとなることは薬を通して患者さんに携わることが出来て、医師や看護師とはまた違った関わり方を持てて、何よりも患者さんのお役に立つことが出来て、それを肌に感じられることだと思います。
医療機関や調剤薬局に勤務している薬剤師は、窓口で患者さんに薬をお渡しする時その処方薬の説明をする義務があります。薬の飲み方であったり、どんな効果があるのかや、薬によっては副作用があることもあります。
それらに関することを、患者さんに詳しくお伝えして行くのが薬剤師の役割です。小さな子供さんは保護者の方にお話をすれば良いですが、高齢者は1人で薬局に見える人が多いと思います。 
こういった場合は、その患者さんがきちんと薬の理解をされているのかどうかの様子を見ながらお話をして行くことも大切です。仮に誤った解釈をされてしまうと、やはり薬なので体に異常があると困りますので、くれぐれも慎重にしたいです。
高齢者の方へ説明をして行くことは、とても容易なことではないかも知れませんが、薬剤師の真摯なる説明は患者さんに必ず伝わりますし、この薬局に来て良かったと思ってもらえてこそ、やりがいにも繋がることだと思います。
そして患者さんの中では、何故か医師による診察の時に他に飲んでいる薬を伝えないのか、忘れてしまうのかそのような方もいます。薬局に来てから、別の病院でこのような薬をもらっていた、と言う事後報告を受けた場合は快く引き受けて必ず医師に問い合わせをしましょう。

薬剤師の仕事の悩み

 

薬局に勤めていると患者さんの顔を覚えます。そしてなにより一番の悩みは患者さんたちの世間話です。薬局という場所は病院と違って来院されてもお金はかかりません。そしてTVなども置いていますし水もあります。そして暖かいのでこういった時期になると薬だけもらいに来てそのまま居座ってしまう患者さんが多いのです。そのせいで薬局が窮屈になってしまうこともあります。しかし薬剤師としては厳しく注意できないのが難しいところです。
看護師さんなら早く自宅に帰ってゆっくりされてください。などは言えるのですが所詮は薬剤師というものは薬を提供する立ち位置なので大きなことは言えないのです。ですので友人とたまにどうしようか、話し合ったりもします。
そしてそういった人はお昼時の休憩でもいたりするのでまともに社員が休めないのも困ります。大抵ご老人の方が多いので家に帰ってもひとりで寂しいからここにいる。というのはわかるのですがさすがに居座られると困ります。おそらく病院を出た後看護師たちはまっすぐ自宅に帰っていると思っているので、看護師たちに告げ口もできませんし悩んでしまうところです。たまに看護師の方が薬局来られた時にまだいたの?と注意してくれたりはするのですがなかなか治らない人もいます。
今からの時期は特に忙しくなりますし寒くなりますので気を付けてご自宅に帰ってほしいなと思います。また薬剤師の仕事は雑談ではなくて薬を処方することなので勘違いされるのも困ります。

薬剤師の仕事に将来性はあるの?

薬剤師の転職事情

薬剤師の仕事というと高給なイメージがあり、人気の職業です。でも、それだけにこれから就職を考えている人や薬剤師を目指す人には求人の取り合いが心配になるでしょう。仕事は将来需要が無くなっていくと予想させる分野もありますが、薬剤師の仕事の求人はどうなるのでしょうか。ここでは薬剤師の将来性について解説します。

薬剤師の将来性

仕事には時代が変われば環境が変わり、求人が減る仕事もありますが、薬剤師の仕事はどうでしょうか。近頃では薬剤師の仕事は飽和状態にあります。これを聞いてがっかりした人もいるでしょう。しかし、これは避ける事はできません。すでに都市部では飽和状態であり空きが少なくなったのは確かです。一方、地方ではどうでしょうか?こちらも徐々に薬剤師の不足は解消されてきています。今後はますますこの状況は進むと思われます。しかし、薬剤師の求人が全くなくなるという事は考えにくいです。理由は今後高齢化社会が進むのは避ける事はできないからです。医療もいろいろなサービスがありますが、在宅医療の分野も需要を伸ばしています。そんな時代の変化を受けて一部の調剤薬局では在宅医療に対応する所が増えています。他にもバイオ関連の企業や化学製品を製造する会社でも薬剤師の求人が増加傾向にあります。薬剤師は医療に限らずにその活躍の範囲を広げています。ですからあまり悲観的に考える事はありません。いつの時代もやはり必要とされる薬剤師は専門的な知識を持つ事はもちろん、コミュニケーションがスムーズにできる人材です。そういう人は仕事がなくなるという事はあまり心配しなくても大丈夫でしょう。逆に今後は専門知識や経験だけでは生き抜いていくのが難しい時代になる事が予想されます。薬剤師の仕事に就く事をあきらめずにがんばれば、いつかは願いがかなうかもしれません。薬剤師になりたい人は薬剤師転職信頼ランキングを参考に粘り強く求人を探し応募してみましょう。

被災地における薬剤師の活躍

薬剤師の役割

薬剤師は被災地でも活躍する事を知っていますか?東日本大震災は多くの命を奪い世界中に取り上げられました。多くの国からの援助やボランティアも活躍しました。そんな中実は薬剤師も貢献したいたのです。ここでは薬剤師の被災者支援について解説します。

被災地での薬剤師の役割とは

 記憶に新しい東日本大震災。あの後被災地で薬剤師はどんな働きをしたのでしょう。主には薬剤師が行った事は医薬品の仕分けや管理、救護所や仮設診療所などの被災者に対しての調剤や薬の飲み方の説明。医療救護所がない避難所への診療に同行する、また避難所における医薬品や健康に関しての相談役など。他多数の役割を担いました。

医療チーム

 薬剤師は医療チームの一員として被災地で活躍しました。処方支援に代替医薬品の選択、被災者からよせられる医薬品の相談への応対など。中でも特筆すべきことは薬剤師が患者さんから症状を聞いて医師の診断を受ける前に、必要な場合は一般用医薬品を提供したことです。これにより診察はスムーズに進みました。

処方箋医薬品の販売が許された

 被災地においての処方箋医薬品の取り扱いに関してはある条件の下で、薬剤師は患者に対して処方箋医薬品の販売や授与する事が厚生労働省に許可されました。その条件とは患者が医師の診断を受ける事が出来ない時や処方箋の交付が難しい時です。薬剤師の活躍する場所と言えば薬局やドラッグストアだけではなくて、被災地でも活躍の機会があります。人の命を左右する重い仕事でもありますが、人が危険な状況な時にも重宝される大変素晴らしい仕事と言えるでしょう。

更新履歴